花やっこの世界

作ったものの記録と思ったことを書いています。

わたくし魔女の花やっこ、コッチは黒猫のここ!おじゃまさせていただきます!

そのへんで拾った猫、ここちゃんとの暮らしも3か月をすぎ、わたくしとここちゃんはあたらしいハウスへ引っ越しをしました。

f:id:hanayacco:20170609170056j:image

 

ペット飼えるとこでちょっと広い部屋がいいな…

そんな思いを胸に、右へ左へ移動をくりかえした挙げ句の果て、良いお部屋が見つかりました。

 

ちなみにまえの部屋は本当はペット禁止なのでしたが、大家さんの温かい気持ちで許してもらってました。

しかし、猫というものは窓辺でまったりしてるの好きですよね。

こちゃんが窓辺で外を眺めている姿が、ちょっとした近所名物?になってしまいました。

 

f:id:hanayacco:20170609171550j:image

こうやっていつも外を眺めているここちゃん。

「ご近所に気兼ね無く暮らしたい…」とは思いませんでしたが、「これは引っ越しの合図かな」となんとなく思って実行したわけなのです。

 

f:id:hanayacco:20170609172252j:image

引っ越し前夜。

このお引越しでなにかすべてを新しくしたい気持ちがあり、冷蔵庫とか洗濯機を買い換えました。

引っ越しセンターの見積もりの営業さんが電化製品のカタログを見せてくれて選びました。

高額な電化製品をカタログで買うなんてあんまり良くない!と思っていたのに、その営業さんに包容力と安心感を勝手に感じてすべてをゆだねました。

わたくしは値切ったりとかはよく分からないの

で、言われた価格を受け入れるタイプです。どうでもいいでしょうが。

カタログで選んだものはわたくしのイメージしたお部屋の雰囲気にぴったり合っていて、あの営業さんにおまかせして良かったと感謝の気持ちをいだきました。

そのことが営業のお仕事について考えるきっかけとなり、安心感を与える雰囲気って大切だなあと思いました。

まあ、わたくしは営業のお仕事ではないのですがね。

 

そんなこんなで新しいすてきなハウスを見つけて人間ひとり、猫いっぴきでうまいことやっていこうと思っています。

 

朝、目覚めてカーテンをあけるとき「わたくしってキキみたい」と思います。そしてユーミンの「やさしさに包まれたなら」が心の中に流れ始めます。

キキって魔女の宅急便のです。黒猫も一緒だ

し。13才のキキが実家を出て新しい自分の暮らしを作っていくときの気持ちをいま感じています。

 

今日は梅を買ってきて梅酒と梅サワーと甘露煮を作ったので、そのことを記そうと思っていたのですが、ぜんぜん違うことを書いてしまいました。

 

f:id:hanayacco:20170609180304j:image

お部屋が広くなり躍動するここちゃん。

梅しごとのお話しはまたこんど記します。