読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

にんげんってふしぎ

花やっこ「おお…さむいさむい…もうわたくし、ふとんのことしか考えられない脳みそになってしまった!」

 

2月がやってきました。

まいにち、ふとんから出るときに「えいやー!!」「きえーい!!」などと奇声をあげなければ出られなくなってしまう季節です。

 

「はじめての幽体離脱

変なことを書きますが昨晩、体から自分が抜けたみたいなことが起こりました。

夢の中でわたくしは目が覚めました。(夢の中だとは思っていません)

ふと、へんな感じがして部屋を見渡すとカーテンが全開になっているのに気付きました。

「やー!なんでなんで~?閉めたはずなのに!こわーい!」

寒いし、やだな~っとしぶしぶ起き上がりカーテンを閉めました。

そうして、ベッドにもどると自分が眠っていたのでびっくりしました。

口をあけて、「かーっかーっ!」と苦しそうに息をしていたのであわててふとんにもぐって

一体化してみました。

体があるっていう感覚がもどってきたら、のどがからからに渇いていました。

幽体離脱をすると月まで行けるっていうのを本で読んだことがあって、どんなふうにやるか方法まで書いてあったので練習したことはありましたが結局出来ずに忘れていました。

昨日の夜は、ゆうれいの気持ちってどんな気持ちかしら…?と考えて眠りについたのでこんなことが起こったのかもしれません。

たぶん、ゆうれいは「体がほし~い…のりうつりた~い…」と思っている。

わたくしもすこしだけ体から抜けてしまってすごい焦ったから。

この体験は「体をたいせつにしなさいよ」っていう、ご先祖様からのあたたかいメッセージだったんだなあっと思いました。

 

 

この写真は1月4日に撮りました。

「椿と青空、あたらしい散歩みち」

f:id:hanayacco:20170201171448j:image

 

これも1月、「近所のフィンランド

f:id:hanayacco:20170201171518j:image

 

なにか無性にかわいいものが作りたくなりちまちまこしらえています。

これらはたくさん作ってめいっこにあげたいと考えています。

ロゼットっていうバッチ的なものとか、かぎ針でお花を編んでヘアゴムとかにしたい。

f:id:hanayacco:20170201171553j:image

 

信頼しているお兄さんとおねえさんの本を枕元に。

f:id:hanayacco:20170201171608j:image

今月は村上春樹さんの新刊が出るので読みたいと思っています。

本を読んでも絵とか、景色を眺めるように読んでしまうから読んでるとは言えない。

そこにあるだけで良い空気を運んでくれるから、そういう本はつい買ってしまいます。

みれいさんは一度、トークショーに行ったことがある。詩集にサインもいただいた。

冷えとりくつしたにもはまって4枚はいて会社に通ったこともある。

影響力と説得力がある。正直に丁寧に気持ちを書いてあるから読むと「はっ!」となって生活を見直したりするための教科書。

 

 

寒いと感じられるこの体があることがすばらしい!

今日は「この体があるうちに毛糸をたくさん買っておきたい!」とはりきり、ラベンダー色とさくら色の毛糸を買い込みました。春先に着るカーディガンを編みたいです。

体が無くなっては編み物もできないし、カーディガンも着れませんからね。

いつかわたくしはゆうれいになるのか…それとも成仏できるのか…。

やりたいことは寒くてもがんばってやりつくして成仏できるように、今を生き抜きたいです。