花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

どりーみんぐな冒険~東山動物園②

おひるも近く「ごはんどこで食べようかな~」っと園内を歩きながら景色をたんのうしました。中国の茶器みたいなテーブルとこしかけがレトロで可愛い。昔からあんまり変わっていないような気がします。

どこかの幼稚園の遠足のこどもたちがこのスペースでおべんとうを食べていました。わたくしも子供のころの遠足の行き先は東山動物園がお決まりでしたので、なんだかそのときの日差しの感じとか風のにおい、おべんとうの少し甘い卵焼きと海苔がしっとり張りついたおむすびの味などがよみがえってくるようでした。

東山動物園には自分のあたまが覚えているよりも体の中にしみこんでる記憶がたくさんあるみたいです。

f:id:hanayacco:20161206202010j:image

 

お昼ごはんはケバブごはんとレンズ豆のスープにしました。

ケバブというのを初めて食べましたがとても美味しかったです。

おべんとうを作って持っていこうかなとも考えたけど、トルコ料理のお店があると知ってちょっと食べてみたくなったのです。

f:id:hanayacco:20161206202044j:image

 

マレーぐま。人懐っこいようすでガラス越しにこちらをうかがっていた。

「暗黒の地ペルー」からやってきた、くまのパディントンはマレーぐまがモデルではなかったでしょうか?このきょとんとした表情やとぼけた動作をみるとたしかにパディントンである!と納得できました。

f:id:hanayacco:20161206202110j:image

 

ペン太郎。こうしてひとりポーズをとり続けてくれていた。奥の小部屋みたいなところに5匹くらい固まって過ごしていたがペン太郎だけは仲間に入ろうとせず、ずっとこうして立ち続けていた。遠くに見えるスカイタワーを眺めているようにも見えた。もしかしたら、自らがスカイタワーであると考えているのかもしれないなとも思った。わたくしはとくにペンギンに興味がないとすこし思った。

f:id:hanayacco:20161206202207j:image

 

やっぱりコアラは人気があり、みんなその一挙一動にいちいち歓声をあげていた。カメラマンたちの装備も気合が入っていてものすごい望遠レンズをかまえてシャッターチャンスを狙っていた。おじさん風に腰かけているところ。このあと枝から枝へジャンプし枝を駆けおりすばやい動きを見せつけた。

f:id:hanayacco:20161206202231j:image

 

枝にはさまっているところ。

後ろ姿のほうが可愛いとわたくしは思っておりますが…。

f:id:hanayacco:20161206202253j:image

 

白鳥のかたちのボートがたくさん並ぶ池。小学生のころに友達と乗ったことがある。

足漕ぎボートなのですがめちゃくちゃに漕ぎ、おかしな方向へ向かったり衝突しそうになり、ののしられた記憶がよみがえってきました。変なやつ!とか言われた気が…。

f:id:hanayacco:20161206202406j:image

 

園内を歩いていると体の中におさまって、ときどきはよみがえったりもするんだけど、楽しいけど悲しい、うれしいけどさみしいみたいなよく分からない気分がずっとつきまとって来ていました。

それはぜんぜん嫌ではなく、ずーっとその中にいたいくらい。

たぶん、それはわたくしが自由の国にいた瞬間なのだなあと思います。

これがわたくしが忘れないように、つねひごろ、気を付けていること。

忘れなければ永遠にそこにいられるのでこれからも忘れないようにしようと思いました。

 

 

つづく。