読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

秋の遠足⑥東京スカイツリーは大きかった。

旅人研修

花やっこ 「ついにここまでたどりついたぞ!」

まず4階チケット売り場で展望デッキへの入場券を購入します。

月曜日なので並ぶことなくスッと入場できました。

f:id:hanayacco:20161101195556j:image

 

どこだったか忘れたけど天井がきれいだった。

f:id:hanayacco:20161101195617j:image

 

展望デッキまでのエレベーターのなかです。4つエレベーターがあって四季を表現してるそうでわたくしが乗ったのは「夏・すみだ川の花火」どれに乗るかはえらべないのです。

エレベーターの中では気圧が変わるためか耳がつまりました。

f:id:hanayacco:20161101195637j:image

 

 

あっという間に展望デッキへ到着。花やっこ「ハハハ!人がゴミのようだ!」言ってみたかったせりふをつぶやいておきました。

f:id:hanayacco:20161101195738j:image

 

スカイツリーの影。ふもとに住んでいる人は日時計みたいに時間を知ったりするのかな?

浅草方面、すみだ川を眺めて。あそこから歩いてきたんだなとやけに感動してしまいました。

f:id:hanayacco:20161101195908j:plain

マスコットキャラクターソラカラちゃんがやってきて一緒に写真を撮ってくれるというので「よーし!ここは一枚!」と並んでしまいました。ふだんわたくしはそういうキャラクターと写真を撮るとかまったく興味無い人間ですが、すごいはしゃいでしまいました。

知らなかった自分をみつけてしまいました。

 

 

f:id:hanayacco:20161101200004j:image

小学生の坊やたちにまぎれてガラスの床の上に乗ってみました。乗っているだけはどうもないですが歩いてみると浮遊感があってやや怖いと感じました。

 

さらに上の展望回廊へ。下をのぞくとさっきまでいた展望デッキの屋根(たぶん)が見えました。

f:id:hanayacco:20161101200158j:image

 

花やっこ「うん。なるほどね。」

ここまでのぼりつめ(エレベーターで)達成感を感じたのか、もういいかな…という気持ちになっていることに気付きました。

f:id:hanayacco:20161101200230j:image

花やっこ「こんな大きな背の高い建物をつくれるなんて人間はすごいと思った。」

さっきのガラスの床で一緒にいた小学生はどんな感想を持ったか知りたいものです。

 

f:id:hanayacco:20161101212321j:plainf:id:hanayacco:20161101212332j:plain

このあとおみやげコーナーでもいろいろ見たり買ったりして楽しみました。

出発前に「スカイツリーの置物買ってきてあげるね!」と友人に言うと露骨に表情がゆがみました。みうらじゅんさんが言うところのいやげものってずっと無くならないものなのかな??

でも、見てるだけなら楽しいけど!

スタッフの制服がかわいいなと思ってたらミナぺルホネンでした。おみやげにもトートバッグとかあって欲しくなったけど、まあ我慢した。目の保養と思ってじーっと見ておくだけにしました。

 

しつこいようですがまだ旅の報告はつづきます。