読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

あみもの冒険まわり道

放課後手芸クラブ

ある満月も近いとくになんでもない夜のことでした。

わたくしは一心不乱に編み物をしておりました。

f:id:hanayacco:20161022200405j:image

「やー!たくさん編めたなあ~!」と、手にした編み地をじろじろ眺めていたところおそろしいことに気付きました。

「ぎょえー!模様を3段分も入れ忘れておる!」

編み間違いはわたくしにとってはつきものなので多少の間違いはゆるしてあげていたのですが、さすがにこの間違いを「思い出」などといって見過ごすことは、このすてきな模様をデザインしてくれた三國万里子さんに対しても失礼の極み!!

なによりこんな大きなミスに気付かずに突っ走っていた自分を恥じました。

f:id:hanayacco:20161022200427j:image

間違えたところまでほどいて編み直せばいいのですが、最初の方にもひとつ間違ったところがあり「どうせ編み直すなら全部やりなおしたい」という気持ちと「せっかく編んだのにほどきたくない」という気持ちのはざまで1時間ほど揺れておりました。

宇宙の流れ的にほどいて編み直すことは適しているのか、ホロスコープを調べたりして壮大なスケールでジャッジメントをおこないましたがよけいに分からなくなりました。

もっと身近にと思い、ヤフー知恵袋で調べたところ同じ悩みの人が「いさぎよく編み直すことがぐずぐず悩むより近道」というご意見をもらっていたのでわたくしもそうしました。

 

泣きながら全部ほどいた夜。チリチリになった毛糸を見ていたらすごくラーメンが食べたくなりました。

f:id:hanayacco:20161022200447j:image

 

再出発の朝。わりとスッキリ晴れやかな気分です。

f:id:hanayacco:20161022200503j:image

 

コーヒーと読書と編み物。好きなものがたくさんの秋。

甘いものを食べすぎると集中出来なくなることにやっと気付きました。

いま思えば、編みながらおやつのことばかり考えていたような気がします。

三國さんは白湯を飲んで編み物に取りかかるそうです。そして甘いものはあまり食べないそうです。かわいらしいけどすっきり感があって手作り風もさ感が無いデザインはそういう生活から生まれるのですね。

そんなデザインをわたくしなりに最大限に再現できるように、白湯を飲みつつ甘いものは控えめに、精神的にも三國さんに近いところで編んでゆけるように気をつけたいと思います。

f:id:hanayacco:20161022200521j:image

 

やっとこの間まで編んできた道をもどってきたところ。

ひとつも間違えてないと思う。

そして同じように見える編み地だけどわたくしにはやり直す前よりきれいだと感じます。

f:id:hanayacco:20161022200535j:image

 

花やっこ「おなじ道のりを2回も歩いたけど、気付かなかった景色に気付いたり、精神的にも根性がみがかれた気がするね!2回目はよそ見をすることも少なくなったし。この先どんな困難(そでぐりの減らし目)がまちうけようともわたくしは落ち着いて三國さんの描いた地図をたどって歩いてゆくよ!!」

 

                   おわり。