読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

わたくしのノートのかたすみ(混乱をほどくなぐり書き)

こころのさけび

これくしょんしたいものは ほんの一瞬のよろこび

まいにち そういうものを たくさんあつめて

眠るまえに 眺めていたいな 

f:id:hanayacco:20160704204417j:plain

花やっこ「うわあ~!またぽえむを書いちゃった!はずかしい~」

 

だけどもわたくしは真剣に願っています。この世の全員が自分の姿をみつめて、あっけらかんとおたがいをゆるしあって、むだなことに費やす時間を消して、持って生まれたすべての能力を使いきって、そうしてほのぼのワールドが出来上がることを。

 

花やっこ「わたくしは深く思考することは苦手。どんどん迷路に入っちゃうから。そのかわり直観をみがいて集中を高めて、0.00000001秒とか心にきらっと光ったものに手を伸ばしていくわね。世界には役割分担というものがあるから、できることとできないことがあるし。誰にでも役割ってものがあるんだわ。誰かが犯した罪は自分がした可能性もあるわけ。世界はわたくしそのものってことなのね。ふんふん。」

 

  

  ひとが眠るわけをおしえてあげる

おぼえていないだろうけど こどもの心に帰ってるの

ときどき ゆめをみるでしょう

よこたわったまま 静かにしていて かんがえないかんがえない

かんがえてもいいけど ゆられていてね

さてあなたはだれだったかしら

 

花やっこ「どわー!」

 

くんれんくんれん くんれんがひつよう

現代人には…

 

 

 

花やっこ「ぽえみんぐするときってどっかひろい場所にでるんだ。そうすると、言葉ってゆうか文字がたくさん落ちていたり、浮かんでいたりして、ぼんやりと眺めていると、きらっと光ったりするわけ。それをさっと拾う。まちがえたかもって思ってもまちがえてないから最初に手に取ったのを持ってくるってわけ。大事なことは人がどう思うかを考えないこと。そこで拾った言葉ってみんなが知っているものだから、組み合わせが変だから伝わらないとかそういうことじゃないから。海の底に落ちているきれいな貝殻に2人同時に手を伸ばした、みたいなことがときどきはあるはず。」

 

 

下半期の生活指針「ファンタジー&まじめ」

ひとに嫌がらせをしない程度に狂っていきたい。

キーワード。無防備、はだか、あたらしい小さな国、パジャマぐらいは着ていようかな。走れ正直者、

 

 

 

ノートをとじて、おやすみなさい。