花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

雨上がりの空を透明の液体にとじこめてみよう

花やっこ「ややっ!時の流れは流れる星のごとし。ぼうっとしてるばあいではないぞ!」

 

3か月ほど前に編んでいたカーディガンは毛糸が足りなくなった(予想はついていた)。というわけでわたくしの心は編み物から離れていった。

「あ~あ、毛糸が足りなくなっちゃった。たぶんこうなるとは思っていたけどね。たくさん毛糸も買い込んで1年中編み物したいと思っていたけど、やめた!」

花やっこは小学生のときからこういう人間だった。うまくいかなくなると途中で放り出すのだ。昔はお母さんによく怒られたものだったが、いまは離れて暮らしているので怒られることも無い。それをいいことにあれこれ手を出しては好き勝手やっているというわけなのです。

 

最近、興味をもって始めたことを発表したいとおもいます。

f:id:hanayacco:20160621144555j:plain

これはレジンクラフトといって最近大流行りのあれです。

作品名「星になったまーちゃん」

 

f:id:hanayacco:20160621144840j:plain

これは宇宙を表現しました。「あまのがわ渡って宇宙カフェでお茶しましょ」

 

f:id:hanayacco:20160621145306j:plain

手作りキットで初めて作ったもの。「お花畑ガール」

 

f:id:hanayacco:20160621145535j:plain

夏をテーマに素直な気持ちでつくった作品。「ハワイに行きたい」

 

f:id:hanayacco:20160621145904j:plain

適当につくった試作品。上「乙女のお茶会」右下「はっぱ」左下「ミルキーオパール

 

レジンの楽しさはお菓子作りに通じるものがあります。

とろとろの液体が紫外線に当てると固まったり、きれいな色をつけたり、中に小さなかわいいものをとじこめたり。いろんな手法があるみたいだから研究してみよう。

 

  レジンはとうめい

 水色に澄んでいる    雨上がりの空を

  もっている もっている 

     ボタンのように かるがると 

とびこえる  まっくろい雲が  せまってきても

 

 にせものであることは まちがいないが

ほんとうのものを わたしたち   しらない

 

 

   花やっこの謎ポエム。レジンについての考察です。