花やっこの世界

わたくしの創作と冒険

おとな小学生のたのしい夏の過ごしかた

学生さんたちはそろそろ夏休みにはいった頃でしょうか。 さいきんのわたくしはこの夏の過ごしかたをいっしょうけんめい考えています。 社会活動として仕事をうけもっているのでたくさんお休みがあるわけではないですが、自分なりに充実した成長する夏にした…

ちょっとした小物づくりと作詞「てづくりソング」

編み物に対する情熱はすっかり消えたものだと思っておりましたが、しまいこんでいた毛糸の中にコットンシルクの糸をみつけてから、「うおお、編みたい!なんでもいいから編みたい!」と寝る前に編み物ブックを眺めては、夜な夜なお布団の中でもだえておりま…

手芸の時間~かわいいおばあちゃんになるために~

人間としての形態としておじいちゃん・おばあちゃんというものがあります。 それらはわたくしがかわいいと思うもののひとつです。 しかし、かわいいとは何のことなのでしょうか。 今の世の中にはかわいいがはびこっており、そのかわいいの様子にもさまざまあ…

ファンシーガールのための七夕アクセサリー

花やっこ「今日は七夕さま。願いごとは平常心をたもち続けるたくましい心の持ち主になりたい。」 なんとなく七夕っぽい色合いのアクセサリーができました。 星のブローチと紫陽花のヘアピンです。 うっかり口のなかに放り込んでしまいそうなほどおいしそう。…

わたくしのノートのかたすみ(混乱をほどくなぐり書き)

これくしょんしたいものは ほんの一瞬のよろこび まいにち そういうものを たくさんあつめて 眠るまえに 眺めていたいな 花やっこ「うわあ~!またぽえむを書いちゃった!はずかしい~」 だけどもわたくしは真剣に願っています。この世の全員が自分の姿をみ…

サンドウィッチ☆これくしょん

花やっこ「ちかごろはいろいろなサンドウィッチが流行っているなあ。たくさん具が入っていて分厚いやつとか。萌え断というのもあるらしい。よーし、わたくしもいろいろ作ってみよう!」 というわけでサンドウィッチ研究をしました。 ふつうのミックスサンド…

ときめきお洋服づくり

編み物で着るものをつくることは現在お休み中… でも、なんか着るものつくりたいよーと心のさけびを受け止め、わたくしはつくりました。 「可憐なマーガレットにときめきっ!ブラウス」 わたくしはいつもなんの目的もなく手芸屋さんに行きふらふらしているの…

雨上がりの空を透明の液体にとじこめてみよう

花やっこ「ややっ!時の流れは流れる星のごとし。ぼうっとしてるばあいではないぞ!」 3か月ほど前に編んでいたカーディガンは毛糸が足りなくなった(予想はついていた)。というわけでわたくしの心は編み物から離れていった。 「あ~あ、毛糸が足りなくなっ…

おふとんのぬくもりをあなたにも

「中国行きのスロウ・ボート」村上春樹 わたしとか、もしかするとあなたもそうかもしれませんが、毎日は半分ぐらい夢の中にいるようで、だいたい考えていることは出口を見つけられないままに空中を漂って、そういう思考の幽霊が部屋の中にうようよいるのです…

中国行きのスロウ・ボートに乗って

編み物をしていたいな ゆらゆら ゆれながら 遠くの 知らない国を 思いながら などど、ぽえむを口にしながら編んでおりますカーディガン。 ぴんくの糸のところはポッケがつきます。 後ろ身ごろも編みあがりまして、そでにとりかかっております。 しかし、編み…

卒業ぽえむ「さよならの花」

日差しの色合いが変わるのを いつも眺めたこの窓から 時間はすきまだらけで ただ退屈していたね 毎日歩いたこの道も 今日でさよなら 明日から はなればなれ 夢があるから 遠くを見ては 心配ばかりしていた 悲しみで動けない時 きみの笑顔だけが わたしをここ…

春が世界にあふれだしてきた。

2月29日の夜中からとつぜん鼻がつまりだし3月1日には鼻水をたらしていたわたくし。 ややっ!これは花粉のしわざかな?アレルギーかな?敏感に春をキャッチしたみたいだな。 しばらくあたまがボンヤリ(いつも以上に)、なにもまともに考えられず(いつも)、…

めんどくさいことが好きなめんどくさがり屋

わたくしはたいそうめんどくさがり屋であることを自覚している。 なにがめんどくさいかってまず朝起きることがめんどくさい。外国の映画とかでよくあるベッドの上で朝食をとることにあこがれたものだった。しかし、それを行うには食事を自分で用意して寝室へ…

根拠ない楽観的思考によるカーディガン

きのうからあたらしい作品を編み始めました。 三國万里子さんの本からへちま襟のカーディガンを編みたいと思います。 きのうの夕方から編み始めてもう右前身頃が編めてしまいました。 毛糸は2本取りでローゲージなのですいすい進む感じがとてもたのしいです…

CREAM SODA*編み物と作詞

あの、喫茶店でなんとかっていうくびまきが完成した。 まいにち、せっせと編んでやっと理想の長さにたどりついた。 細い糸だったせいかけっこう時間がかかったなあ。2メートルぐらいあります。 そして、この穴ぼこ。765個あります。 水色とグリーンと白を…

とくになんでもない日の日記

2月って毎年すこし元気がなくなる。ねむたくてしょうがないです。 気に入っているニットがあっていつもそればかり着ているから毛玉だらけ。 ショッピングモールに行ったらきれいな色の服が並んでいてわくわくしました。 あたらしい服を買おうと思いました。 …

作文「編み物の世界」

この世界になわばりをつくる方法のひとつとして、編み物をえらんでいる。 なわばりとは自分がのびのびと正体を現すことのできる場所をさす。 竹でできた細い棒を両手にかまえ、好きな色の毛糸をひっかけたり、はずしたり、同じことを繰り返す。編み図と手元…

あした春がくる

立春 さけびたくなる気分 いつか 大昔 わたくしたちは 4本足でしたね 海 空 おおきな石 濃いにおいの花 ほしいものなど なかった 誰かの夢が この世界 4本足のわたしのみた夢 あの頃 ずっと さけんでた ことばを持たなかったから あちこちの つぼみの爆発音…

喫茶店でまちあわせ♡恋するクリームソーダなくびまき(とちゅう)

1980年代、わたしはばりばりに元気だった。ちょうど小学生から中学生へ成長をとげているころだ。恋についての話題がすこしつづ友達どうしで交わされるようになった頃、わたしはちびまる子ちゃんに夢中だった。 キャラクターの中でとくにお気に入りはまる…

目的のない徘徊のすえに得たもの

この時間は花やっこによる内観トークショーをおとどけします。 花やっこ「あ~あ!」 花やっこ「何なの…大きなためいきついてさ。」 花やっこ「またやっちゃったよ、朝寝坊。」 花やっこ「ああ…今日はよく寝てたわね。あんた昼まで起きなかったじゃない。夜…

フレッシュにんじんサラダのつくり方(花やっこオリジナルレシピ)

ゆうがたにお腹がすいて、冷蔵庫をあけたら、にんじんと目があいました。 そのとき、体ぜんたいが、「ウオー!にんじんください!にんじんにんじん!」ともうれつな要求を示しました。 とにかく、にんじんだ。と感じ、せんぎり、わぎり、ぶつぎりなどもてる…

マーミーの雪の日ポエム

雪の日はどうして時間がとまっているんだろう? しーん、って音が聞こえるくらいに世界が息をひそめてる。 こういう日はマーミーからのテレパシーを受けとりやすいんだ。 マーミー「とまれ とまれ まだ ゆめ みてる とびら は おもく とざされた うちがわ へ…

趣味についての考察と時間の使いかた

花やっこ「うむ。わたくしときたら近年まれにみる社会人ぶりを見せつけているぞ!それというのも、わが生活維持のためになのだ。小学生にもどって保護者にやしなってもらわなくては!おかあさーん!」 そして、花やっこは考えました。 ”好きなことをぜんぶし…

自動筆記小説「優秀な会社員のお面」作:ゆず(猫)

花やっこ「ややっ!優秀な会社員のお面がそこらじゅうに落っこちているぞ!」 みんなが見たい世界をみているね。優秀な会社員のつもりで、真夜中まで仕事をしている人は 好きにすればいいんだあ。今日聞いた言葉でいちばんつまらなかったのは、 「会社の信用…

羊毛劇場「うさぎとかめ」

!!ぴんくのうさぎがあらわれた! うさぎはこちらをみている。 !!すばやいかめもあらわれた! うさぎとかめはこちらをみている。 花やっこはおむすびをあたえた。 うさぎとかめはようすをうかがっている。 うさぎとかめははしりだした! うさぎとかめはお…

1000%いまここに存在する方法。

花やっこ「わたしの気分はもう春を待っているんだよね。まだこの辺りでは雪を見ていないのに。季節では冬の始まりと春の始まりが好きなんだ。ふかふかのセーターを着たり、マフラーを巻くのが楽しかったけど、もう飽きちゃって毎日同じ服着てる。気分はいつ…

羊毛フェルト作品「おかあさん」

おかあさん「うんせ、うんせ、やっとここまでたどりついただす。今日はわが娘のまいこに会いに来たんだす。まいこや、まいこぉ。」 まいこ「…おっかさん!ひさしぶりだす、会いたかっただすよぉ。」 おかあさん「まあ~、まいこぉ!きれいになってぇ!体こわ…

おじいちゃんにおねがい?(神さまと花やっこ組による新年初祈願漫才)

花やっこ「みんなあつまって~!はい!ちーかま!」 神さま「たわけ!ちーかま好きだからって勝手に変えとったらあかんて!」 ひろ雪「あっひゃ!ひゃー!(初笑いしちゃったぁ~うけるぅ~)」 にこ「は?どこが。」 まいこ「ひろ雪さんは年がら年中爆笑し…

まいにちお正月気分

花やっこ「むむっ!今日から仕事始めってやつではないかっ!まだまだお正月っぽいことやりきれてないぞ。たこあげとかこま回しとかっ」 かまぼこ・きんとん・くろまめさん まいにちお正月だったらな。 手芸をたくさんするのにな。 みんなとたくさん遊ぶのに…

神さまにおねがい(神さまと花やっこによる御利益漫才)

花やっこ「もーいーくつねーるーとーおーしょーおーがーつー!(熱唱)」 神さま「おい!なに言っとるんだがや!もうそろそろ終わるて!」 花やっこ「あちゃ~、まだお墓参り行ってないよ~。」 神さま「たわけ!お墓参りじゃのーて初詣行かなあかんて!」 …

幸運を運ぶきいろいぞうさん

年末に小学1年生にもどって制作した「きいろいぞうさん」 なんだかご利益がありそうなので、枕元の神秘のコーナーに配属していただいた。 きいろいぞうさんを崇め祭る者たち。 うわさをきいてやってきた赤い人族、服部さん。 キューP村からわざわざ駆けつけ…

原始の心をゆさぶって。

すでに大人として生きている人間が手芸をするとき、たいてい実用性とかだれかに気に入ってもらえることを考えるものだ。 ハンドメイドのお店を眺めていると、可愛らしいポーチとかバッグ、キーホルダー(チャームとかいうの?)なんぞがこれまた可愛らしく、…

よろしく2016

新しい一年がわたしの目の前にしずかに広がっている。 かばんの中にしまってある色とりどりの絵具をぜんぶ世界にまき散らすんだ。 そうして想像もしていない見たことない色、風景に早く会いたいな。 時間はわたしだけのもの。誰にも渡したくない。 でも、わ…

ありがとう2015

花やっこ「今年もぶじに一年、生きのびることができた。ありがたいありがたい…」 わたくしのおもいつきを発表する場所をくれてありがとう。 みてくれたひと、ありがとう。 ちょっと今日は急いでいるから。おわり。 マーミー「うえ した まえ うしろ みぎ ひ…

もてるおなごが付けていそうな羊毛アクセサリー(完成)

花やっこ「うぉーーーーー!花やっこなりのもてるおなごアイテムが出来たぞ!じつは、これ、お友達への誕生日プレゼントなんだあ。その子をイメージしてこしらえたんだ。」 どうかな~? その子はゆきちゃんって名前だから、なんとなく白うさぎをイメージし…

もてるおなごが付けていそうな羊毛アクセサリー(作業中)

花やっこ「えいっえいっ!」ぶすっぶすっ! のそ子さん(羊毛フェルトの先生)の本を参考に刺して刺して刺しまくっています。 花やっこ「白うさぎちゃんに可愛いアイテムをほどこしていくんだ!《もてるおなご》がテーマだから、なるべく自分らしさは押し殺…

羊毛フェルトをやるとき(心得)

花やっこ「今から、作品づくりをしようと思ってるんだ~。でも、あせっちゃだめ!羊毛をやるときは気をつけないといけないことがあるんだよ。」 羊毛フェルティングの心得 その1、部屋をすっきりさせておく。 (散らかっていると心が落ち着かないからね。)…

わたくしの羊毛フェルト魂が暴走を開始する。

そういえば、今年はひつじ年だった。まさしく、羊毛フェルトを始めるのにふさわしい年だったと言えよう。 だが、世間では羊毛フェルトという手芸ジャンルについての認知度が低いらしい。 忘年会で、羊毛フェルトについて熱く語るわたくしの姿を、まわりの女…

マーミーのおやすみポエム

マーミーがピアノを弾いているよ。 花やっこ「おやおや、マーミーは指が1本だから心でピアノを弾くんだね。」 マーミーのかなでる音色に耳をすませてみよう。 マーミーのテレパシーによるポエトリーリーディング 「もはや ふちどりが くうきに にじんだ さ…

サンタさんにおねがい(サンタと花やっこによるクリスマス漫才)

サンタさん「ほっほっほー、わし、サンタクロースだなも。きんのーはプレゼント配るのに忙しかったで、今日はゆっくりしとるんだがや。」 花やっこ「あっ!サンタさんだ。おねがいがあります!」 サンタさん「もうプレゼントないがや。」 花やっこ「わたくし…

ポンちゃんとトークタイム

ひろ雪「あひゃあ~(ポンちゃん可愛いね~)」 にこ「誰からも愛される顔をしているわね。」 まいこ「無垢な心は人をしあわせにするだす。」 花やっこ「ポンちゃんを作っているときはけっこう悪いことを考えていたんだ~。 でも刺しているうちに気持ちがふ…

羊毛フェルトと私

ひたすらに、針を刺し続けるのみの作業。だんだんと姿をあらわしてくるふわふわの毛。 そして、数時間かけて出来上がったものは、特になんの役にも立たない! だが、わたくしは刺したいのだ!ただ刺しつづけ、集中し、自分のこころの森の探検に出かけている…

ひつじの毛に情熱をもやす冬

花やっこ「わたしさあ、夢中になってるものがあるんだあ。」 花やっこ「えー、なになに?」 花やっこ「羊毛フェルト」 花やっこ「いいね!いいね!どんどん刺しちゃってよ。」 のそ子さんの動物ブローチの本を見て制作した、「我が猫・もち」 もちは去年、死…

真実のねこ

「にゃーお、にゃーお、あなたの真実のこころをみぬきます。」 ふつうのねこ「ええっ!だれだれ!?」

ドリーミーガールまいこからあなたへ。

おら、まいこだす。いんたーねっとにでるのはひさしぶりのことで、いやいや、てれるだす。 おら、あいかわらず、きのこ栽培をがんばっとるよ。 ひろ雪さんもたいそうおきにめして、まいにちごきげんだす。 おたくさんも、おひとつどうですか?

マーミーと不思議ななかまたち

マーミーはきのううまれたばかりだけど、おともだちがいるんだよう。 おともだちをまっている。 そして、たわむれるマーミー。 マーミー「 」 にこ「マーミー、これからみんなでたくさんあそぼうね」 ひろ雪「あひゃひゃあ」 マーミー「 」 まいこ「マーミー…

フレッシュ!マーミー

マーミーを物質化してたら、うたもできた。 だれか作曲してくれないかな。

マーミーはありのまま。

マーミーとは。 花やっこの潜在意識を物質化したもの。 言葉を必要とせずテレパシーで交信する。 感情は調和を保ち続ける。 空間と時間を超え、生き続ける。 花やっこ「マーミーはとってもたいせつなそんざいなんだー」 かすてらをたべるマーミー。 マーミー…

マーミー出現。

以前からわたくしの心に住みついている、あるいきものを物質化することに成功した。 名前はマーミー。 ねこ「マーミー…気になる…!」 つづく。

あいあむ☆いるみねーたー

ちかごろ、わたくし花やっこはまい・るーむをカイテキにするべく片づけをしていた。 いつも、まあまあカイテキるーむではあるが、神社のようなしんせいなる空間をめざし、てってーてきにやりきった。(わが愛読書は人生がときめく片づけの魔法) そして今日…